公務員試験は独学で合格できるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_266041130

いざ公務員試験を勉強をするにしても、やはりできるだけ費用は抑えたいところですよね。そうすると独学でやれば安く抑えられるしいいかも、と予備校などには行かず自分で勉強しようと思う人もいるかと思います。

しかし、独学で勉強してそもそも合格するなんてことは可能なんでしょうか?

 

ぶっちゃけ特別区含め大卒レベルの公務員試験であれば独学でも合格できます。ただし、ある程度勉強する習慣や基礎知識がありモチベーションを保つことができるのであればですけど。

 

たとえば、大学受験の知識で教養試験の範囲を結構カバーできるとか、これまで独学だったから試験というものの勉強方法はわかるよ、という人であればいいでしょう。別に学歴や頭の善し悪しで独学で合格できるとか言っているわけではなく、公務員試験というのは試験科目が膨大であるため、独学の場合、自分でスケジュール管理をして進めていかなければいけないわけなのです。

 

ですので大学受験を独学で乗り切れたのであれば、そのスケジュール管理がしっかりできていたということになりますので、比較的独学での合格はしやすいのではないかと思います。

 

しかし、お金もないしどうしても独学がいいんだよ!という人もいるかもしれません。

確かに独学だとテキストと問題集以外はほとんどお金がかからないので、相当安く済みますね。

 

でも独学のデメリットとして、分からない問題に出くわしたときに誰かに聞くことも出来ませんし、一緒に勉強をする仲間がいないとモチベーションを保ち続けるのが難しいということがあげられます。また、筆記試験に受かっても面接をパスしなければいけないわけですから、一人で面接対策というのもかなり無理があります。

 

私は予備校に通って合格しましたが、やはり上記以外にも自習室が使えたり受験仲間と話して息抜きができたりといったメリットもあったので行ってよかったなと思います。最新の試験情報もすぐに手に入るというのも大きなメリットかと思います。

 

また、スー過去などを繰り返せば独学でも合格可能だとはいわれていますが、そもそも基礎的な知識がなくてはスー過去すら解くことができません。そうなると他の参考書などで勉強することになるかと思いますが、その中でも頻出分野とそうでない分野があるわけです。

独学だとどれが頻出分野だといったことが分からないので、とにかく幅広く勉強してしまい非効率になりがちなんです。時間がある人はいいでしょうが、ほとんどがそうでなくできれば短期で合格したいところでしょう。

 

公務員試験に必要な勉強時間は1000〜1500時間と言われているので、1人で勉強するのはモチベーションの維持が非常に困難かと思います。

ですのでお金の面だけで独学にするのははっきり言ってリスクが高いですし、時間対効果もあまりよろしくないでしょう。不可能とは言いませんが、やはり効率的に勉強を進めていくことも大事ですし、何と言っても落ちたらそれこそ時間とお金のムダですからね。

通信教育もありだが自律心が必要

予備校よりも安く済ます方法として「通信教育」という手段もあります。

UキャンとかZ会とかは公務員試験に限らずいろんな資格などの通信教育で有名な会社ですので名前を知っている人がほとんどでしょう。

 

これらの通信教育は定期的に送られてくる問題を解いて会社に送り、後日採点されて戻ってくるというシステムとなっているので、自分でスケジュールを決める必要もあまりなく、忙しい人でも空いた時間に自宅やカフェなどで勉強ができるというメリットがあります。

しかし、どんどん送られてくる問題をこなしていくのは結構大変で、少しさぼるとすぐにたまってしまいます

私も高校時代にZ会の通信添削をやっていたことがあったのですが、3回ほど提出する間に次々と教材が送られてくるので挫折したという苦い経験があります(笑)。

 

ですので、これも結局は一人でやらなければいけないという点でモチベーションを維持するのは独学とあまり変わらず難しいのではと思います。また普段から机に向かって勉強していない人だと私のように挫折する可能性が非常に高く、せっかく払ったお金をムダにしてしまうかもしれません。

shorui

やっぱり予備校に通うのがいろんな意味で一番いい!

結局じゃあ予備校がいいんかいという話ですが、その通りだと思います。別に予備校の回し者でもなんでもありませんが、長い受験勉強ですので誰かと一緒に目標に向かって勉強するというのはとても励みになります。

有名な予備校といえばTACやLEC、大原、東京アカデミーらへんでしょうか。どこがいいかと言われれば正直どこでもちゃんと合格者を出しているのでどこでもいいでしょう。

 

ちなみに私は大原でしたが講義もわかりやすく(講師によりますが)、面倒見もよかったのでよかったです。

あとは大学で公務員試験の講座を行っているというところもあるかと思いますが、聞く所によるといまいち試験の情報が入ってこないみたいですので、やはり値段だけで考えるのはリスキーだといえますね。

 

講師の質はもう本当に予備校や科目によってもばらつきがあるのでどこが一番いいかというのは一概には言えません。なので、自分が一番通いやすいところや学費が安いところにするという手もありかと思います(私は学費で選びました)。

ただ、面接対策をしっかりしていて無制限に練習ができるようなところのほうがいいですね。というか公務員試験は面接対策がとっても大事なのでこれは条件としてマストです

 

どこの予備校であっても受験対策のプロですから言われたことを真面目にこなしておけば短期で合格することができます。

一番よくないのは、自己流でやってしまい、いろんな教材に手を広げて(これは結構やりがち)、結局何年経っても合格できないというパターンです。

公務員試験、まして特別区試験は他の試験より易しめですし、司法試験などの難関資格と違い何年も勉強するものではありません。1年以内に一発合格を目指してください!

 

なお、予備校によっては「奨学生制度」というものがあり、申し込みのときに論文を出せば評価によって何十%か受講料が割引になったりしますので、ぜひとも自分が行きたいと思う予備校のホームページをチェックしてみましょう。

TACの場合は最高で30%引きになるようです。これを使わない手はありませんね。

http://www.tac-school.co.jp/kouza_komuin/komuin_rsn_tokuten.html

ちなみに私は大原に通っていましたが、同様の制度がありかなり受講料が安くなりましたので、この制度を使わないのは本当にもったいないと思います。

まとめ

独学でもやり方によっては合格できる。ただし、短期で効率よく合格したいのであれば予備校は利用したほうがいい。通信教育はモチベーションをキープできるのであれば可!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電話お問い合わせ