公務員になることは本当に勝ち組なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
winner

よく「公務員は勝ち組」だと言われます。というか言われてました。

公務員と言っても特別区のような地方公務員の他に国家公務員や警察のような現業の公務員もいるので一括りでどうだとは言えないですが、一般に役所にいる公務員を想定してみますね。

 

収入は安定しているし、定時に帰ることができるので趣味や自己啓発などに時間を使えるのでうらやましがられることも多かったです。

何をもって「勝ち組」というかは人それぞれだと思いますが、安定しているという点ではいいかもしれませんね。

今は大企業でも倒産する時代なので自治体が財政破綻したり犯罪を犯さない限り解雇もありませんし、一応毎年給料は昇給していき退職金ももらえるしで(いずれも将来はどうなるかはわかりませんが)、安定という点でみるとやはり公務員は勝ち組と言わざるを得ないでしょう。

 

では、安定しているという点以外はどうでしょうか。

役所の仕事ってやっぱり楽?という記事でも書いていますが、仕事は想像以上に大変ですよ。

もちろん部署にもよりますが、定時に帰れるところの方が少ないのではないのでは?と思いますのでそれは覚悟しておいてください。

 

また給料も若手のうちは安いですし(一人暮らしだと本当につらい)、理不尽な住民の対応などの多さからストレスも多く、ウツなどで休職する人が多いです。

まぁ休職できるというのが公務員のいいところかもしれませんが、とにかく仕事のストレスは想像以上かと思いますね。

 

民間だってストレス多いじゃないか!という声も聞こえてきそうですが、もちろん民間も(の方が?)大変だと思います。

やっぱり利益を出さないといけないし、じゃないといつクビになるか分からないし。こうしたプレッシャーは公務員にはないものでしょう。

 

でも、頑張りが評価されれば給料に反映されるし(30代で1000万とか公務員じゃありえませんからね)、他の会社でも使えるスキルも身につけることができたり自分の意見が通りやすい会社もあったりするので、一概に民間はつらいから勝ち組じゃないとは言えないものです。個人的に努力が報われる可能性が高い民間は結構魅力的だと感じています。

また、民間企業でも残業が少ない会社もあるでしょうし、やりたいことをやれて仕事が楽しいと思っている人もたくさんいるでしょう。

 

なので、星の数ほど企業はあるわけですし、公務員も自治体や職場によっても環境が違ってくるので、民間だからとか公務員だからとかって一括りにして比べること自体が間違っているわけなんです。

勝ち組になれると思って公務員になった人は上に書いたようなことに不満を持つことになると思います。

 

ですので、まずは先入観を捨てて、損得ではなく定年まで働くことを考え、「自分が仕事を通じて何を達成したいか?」を明確にすることができれば、民間でも公務員でも別にどっちでもいいじゃん、というのが私の考えです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電話お問い合わせ