年齢制限はほぼない!30歳以上でも受けられる公務員試験について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_132568880

公務員試験を受験するにあたりネックになるのはやはり年齢制限ではないでしょうか。

大学を卒業してから数年間民間企業で働いていた人やフリーターだった人、何もせずに無職だった人など事情は様々だと思いますが、いずれの場合であってもこの年齢制限をクリアしなければ公務員試験を受験することができません。

ですが民間企業等で就業経験がある場合やそうでない場合であっても、意外と高齢でも受験できる公務員試験はありますので最初から無理だと諦めないでください。

ここでは学校を卒業し年数が経った人がどのような公務員試験を受けることができるのかについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。



民間企業等で経験がある場合は経験者採用枠で受験しよう

最近は民間企業等で経験を有する人を採用する試験(経験者採用・社会人採用といいます)が増加しています。

民間企業「等」となっているのは、民間企業だけでなく他の公務員や海外青年協力隊として働いていたという経歴も含まれるためです。

受験先によりけりですが、基本的には「1つの職場で4年以上」といった勤続年数の条件があります。そのため、例えば1年間ずつ4つの職場を経験したという場合だと条件に当てはまらないので注意しましょう。
これは採用する側からしてもすぐに辞めてしまうような人は採りたくないという意志の表れでもあるので、経験者採用の場合はこれまで継続的に働いていたという条件が必須になります。

また、必ずしも正社員でなくても、例えば派遣社員やアルバイトであっても週に何十時間以上働いていたという条件をクリアすることができれば受験資格があるとみなされるケースもあるため条件については志望する自治体のホームページで受験案内を確認するとよいでしょう。

こうした経験者を採用する試験は、国家公務員試験においては「経験者採用試験」(係長以上級)一般職試験の中の社会人試験(係員級)が実施されており、地方公務員では民間経験者等採用試験という形で実施されています。

試験の方式については高卒や大卒試験とは異なり、教養論文と面接だけもしくは教養試験と論文、面接だけというところが多く、法律や経済科目などの専門試験を課さないのが一般的となっているため筆記試験についてはそれほど難関ではないといえます(公務員試験で出題される科目については公務員試験に出題される科目まとめ(行政・事務系)を参考にしてください)。

その代わり、職務についての論文を書く必要があったり、面接試験ではこれまでの職務経験や、その経験を公務員としてどう生かすなどについて聞かれたりと筆記試験よりもコミュニケーション能力や経験について重視される傾向にあるため、十分な対策が必要となります。

通常であれば30歳前後である公務員試験の年齢制限ですが、民間企業等経験者採用であれば40歳ぐらい(キャリアによってはもっと高齢でも可)であれば受験できるところも多いので、民間企業等で経験がありこれから公務員への転職を考えていているのであればぜひともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

これらについては社会人が受験できる公務員試験の内容と採用後の待遇についてに詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

地方公務員試験は年齢上限が高い自治体が多い

民間等で職歴があれば経験者採用を受験しようとお伝えしましたが、高校や大学を卒業してからずっとフリーターだったり無職だったり就職したものの数ヶ月や1年で辞めてしまったような場合、公務員になるのは諦めなくてはならないのでしょうか?

実は、地方公務員であれば年齢が高くても受けられる試験は多いのです。

国家公務員の場合、経験者採用でないとおおむね30歳くらいまでしか受験できませんが、地方公務員は自治体によってはかなり高齢でも受験することができます。

下の表を見てもらえればわかりますが、年齢上限の高い自治体は結構あり、なんと59歳まで受けられる試験もあります(実質年齢制限なしです)。

以下の表は25年度試験の年齢上限のまとめです。事務系と警察官のみで経験者採用は含まれておりません(情報については変更が生じる可能性があるため、試験前には自治体の受験案内で必ず最新の情報を確認してください。)。

年齢上限 自治体名
59歳 【市役所】茨城県牛久市、千葉県市川市、神奈川県秦野市、岡山県瀬戸内市
41歳 【市役所】神奈川県大和市
40歳 【市役所】神奈川県鎌倉市、愛知県西尾市
39歳 【地方上級】山形県
【市役所】茨城県龍ケ崎市
37歳 【市役所】茨城県那那珂市
36歳 【市役所】徳島県
【警察官】兵庫県
35歳 【地方上級】宮城県、福島県、千葉県、山梨県、長野県、富山県、和歌山県、鳥取県、神奈川県相模原市
【市役所】北海道根室市、岩手県久慈市、宮城県気仙沼市・登米市、秋田県能代市、山形県長井市・南陽市、福島県喜多方市・相馬市、茨城県古河市・石岡市・つくばみらい市、栃木県矢坂市、千葉県館山市・勝浦市・流山市・我孫子市・鴨川市・鎌ヶ谷市・君津市・四街道市・八街市・印西市・白井市・富里市・南房総市、長野県松本市・駒ヶ根市、新潟県三条市・新発田市、岐阜県本巣市、愛知県高浜市、富山県黒部市・栃波市、和歌山県御坊市、徳島県鳴門市・美馬市、福岡県筑後市・大川市、沖縄県宮古島市
34歳 【地方上級】秋田県、福井県、滋賀県、愛媛県、高知県
【市役所】北海道留萌市、青森県平川市、岩手県二戸市、秋田県湯沢市、山形県山形市・鶴岡市・新庄市・尾花沢市、福島県白河市、千葉県柏市、長野県飯田市・須坂市、新潟県上越市、三重県伊勢市・名張市、富山県黒部市南砺市、奈良県葛城市、和歌山県海南市、広島県三次市、香川県観音寺市、高知県宿毛市
【警察官】福島県

いかがでしょうか。意外と年齢が高くても受けられる試験は多いと思われたかと思います。30歳以上で受験できる試験を調べるともっと多いでしょう。
ですので、自分は歳食ってるからダメだとは思わず、一度受験案内を見てみて本当に受けられないかを確認してください。

年齢が高くても受けられる試験は他にもまだまだあります。早わかりブックはどのような試験が受けられるのか、どんな勉強をすればいいのか、ということがまとめられた一冊です。公務員への転職を考えている方は目を通しておくとよいかもしれません。

社会人が受けられる公務員試験 早わかりブック 2017年度
社会人が受けられる公務員試験 早わかりブック 2017年度

注意しておかなければいけないことは、経験者採用でない場合、通常の新卒が受ける試験と同じ内容の試験を受ける必要があるということです。

つまり、経験者採用であれば教養試験や論文や面接だけでよかったものが、一般の受験となると専門試験もしっかりと勉強しなければならないケースもあります(ケースもあるというのは必ずしも専門科目が課されるわけではないということです)。

そして、この専門試験を勉強するかどうかで勉強時間に大きな差が出てきます。

基本的に公務員試験は難関試験に分類され、1000〜1500時間の勉強時間が必要と言われています。
もちろん、受験する自治体や職種によって必要な科目は異なりますし、もともとの知識量に左右されるのですが、少なくとも半年、できれば1年は勉強に集中して臨みたい試験です。

また、学校を卒業してから数年経っている場合、必ず面接でその間何をしていたのかについて鋭く突っ込まれます。これについても事前に面接対策をしっかりと行うことが重要です。

このように、受験はできるものの結局はそれなりに対策をしなければ合格できない試験ですので、「なんとなく公務員に転職したい」という気持ちでは合格は難しいでしょう。特に、社会人から公務員試験を目指す人はこうしたことを理解できておらず、甘い気持ちで勉強を始める人が非常に多いのが現実です。

今一度、自分が本当に公務員になりたいのかどうかをよく考え、公務員になると決めたらまずは一次試験に合格できるよう勉強を始めてみましょう。

まとめ

地方公務員試験は年齢制限が緩和傾向にあるため、比較的高齢でも受験が可能です。
最近は面接重視の傾向にあるため勉強ができるだけでは採用は難しくなっています。とはいえ、筆記試験に合格しないことにはどうしようもありませんので、まずは自分がどの試験を受験できるのかを知り、勉強すべき科目を把握しましょう。

ちなみに、公務員試験について基本から知りたい人は公務員になりたい人必見!公務員試験の対策と勉強法を全解説で一通り解説していますので参考にしていただき、受験する試験が決まったらすぐにでも勉強を進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

個別授業講座(数的処理)のご案内

ASK公務員は、とにかく数的処理が苦手でどうすればいいかわからない、一次試験に落ちてしまったけれどどうすればいいのか、というお問い合わせを多くいただくようになってきたことから、数的処理の対策に特化した個別授業講座を行っています。

これから公務員試験の勉強を始めるけれど数的処理は早めに対策したい方
・数的処理や数学がとにかく苦手な方
・これまで予備校や学内講座を受講しているけれど一向に解けるようにならない方
独学で勉強しているが数的はどうしても分からない方

数的処理は早めに対策を行うことが重要です。
個別指導によりあなたに合ったプランを作成し合格のサポートをいたします。

数的処理の個別授業講座の詳細はこちら

電話お問い合わせ