人気の観光スポットが集中!「港区」の特徴について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
W20150927214817362

港区と聞くとどのようなイメージを持っているでしょうか?

「とにかくおしゃれ」「テレビ局が集中している」「最先端なイメージ」など人によっては様々なイメージがあるかと思いますが、それらはどれも正解であり港区は本当に様々な面があり、テレビでも目にすることも多いかと思います。

東京の中でもとりわけ観光の人気スポットの集まる港区ですが、それだけでなくビジネス街としても栄えており、特別区の中でも中枢の区でもあるといえるでしょう。

ここでは、港区の魅力や特徴についてエリアごとに紹介していきますので、参考にしてみてください。

ファッション、メディア、商業の集まる場所「港区」

港区は1947年に、旧赤坂区、麻布区、芝区の3つが合併して誕生した区です。

港区の特徴としては、アメリカ、イタリアなど各国の駐日大使館が集中しており、また外資系企業も多いため、歩いていると外国人を多く見かけます。

また、渋谷や新宿などの商業地に比べれば街全体に落ち着きがあり、より大人向けでハイソな街だという印象があります。

企業の本社が特に多く集まる区であり、NEC、サントリー、三菱重工業、伊藤忠商事、全日本空輸、本田技研工業などが港区に本社を置いています。

 

港区は非常にメジャーなスポットが集中している場所であるため一言で特徴を説明するのが難しい街です。ここではエリアごとにその雰囲気を紹介していきたいと思いますので参考にしてください。

青山、表参道

表参道

 

このエリアは表参道と青山通りを中心におしゃれなファッションブランド店やカフェなどが軒を連ねており、渋谷や原宿同様トレンドの発信地ですが、これらの街とは違いごちゃごちゃした感じはなく、街並は美しく落ち着いた大人の雰囲気となっています。

最近では表参道ヒルズや東急プラザ、北欧家具を扱うフライングタイガーといった商業施設がオープンし、注目を浴びているエリアでもあります。

そして渋谷と原宿へも徒歩で行くことができるので、とにかくファッション関連の買い物には何不便なく、若者に非常に人気のスポットとなっています。

 

赤坂、六本木、麻布

テレ朝

 

これらも名前は聞いたことがある人が多いでしょう。

六本木ヒルズはITバブルのときに有名になり、お金持ちは六本木ヒルズに住んでいるというイメージを植え付けたことかと思いますが、実は中には美術館や映画館、多くのショップが入っており一般の人も楽しめる施設となっています。

 

このエリアはテレビ朝日や俳優座があることから芸能人が多く、また外国人の集まるバーなどもあり港区の中でも独特の雰囲気となっています。

また赤坂にはTBSがあり、メディアの露出も多いエリアでもありますが、大規模なホテルやオフィス街がメインであるため、観光というイメージではないかもしれません。

 

 

麻布・広尾

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大使館の多い港区の中でも特に集中するのが西麻布であり、世界一の大使館密集地といわれているほどです。

 

こうした大使館関係者がショッピングとして利用するのが麻布十番です。

麻布十番という名前はなぜか有名なのですが、大規模な商業施設はななく、おしゃれな雰囲気と江戸の情緒を感じられる下町的な要素を感じることができるエリアとなっています。

 

麻布と同様、お金持ちが住んでいるイメージのある広尾は、洒落た洋館が残り大邸宅が建ち並ぶ典型的なお屋敷街となっており、閑静な住宅街が広がっています。

そして有栖川宮記念公園という元々は有栖川宮邸であった大きな公園があり、住環境としても素晴らしい場所でもあります。

 

汐留、台場

レインボープリッジ

汐留や台場などの沿岸部は近年の再開発で急速に発展しており、汐留には日本テレビが、お台場にはフジテレビの本社があり、キー局のある六本木や赤坂と同様テレビで見ることも多いかと思います。

 

デックス東京やアクアシティお台場 、ダイバーシティ東京、パレットタウンといったファミリーや友達、カップルでも楽しめる商業施設が多く、またレインボープリッジの夜景も有名で、日本有数の観光地へと様変わりしました。

 

新橋、浜松町

SL広場

上記のような観光地が多く集まる一方で、サラリーマンの街である新橋や浜松町といったオフィス街は非常に栄えています。

新橋駅のSL広場は大変有名で、テレビのインタビューの定番スポットとなっており。酒場が多くのもこのエリアの特徴です。

 

 

区内には東京メトロ銀座線、半蔵門線、丸の内線、日比谷線、千代田線、南北線が通っており、都営地下鉄では三田線、浅草線、大江戸線が、他にも京急線、沿岸部を通るゆりかもめ、羽田空港方面へ向かう東京モノレールが区内を走っており交通網は非常に発達しているのが港区の特徴だといえます。さらに品川駅も港区にあるため東海道新幹線の利用することまでできてしまいます(品川駅は品川区ではないのです)。

 

また、文化施設も充実しており、東京を代表するコンサートホールであるサントリーホールがあるほか、サントリー美術館、国立新美術館などがあります。

 

さらに観光名所としては誰でも知っている東京タワーも港区にあり、区役所内からも眺めることができます。

また芝公園やお台場海浜公園など東京を代表する大きな公園も多く存在し、緑も豊富にあります。

 

教育機関としては、慶應義塾大学が港区の三田地区に本部を置いていることで有名です。その他に港区を本拠地としている大学としては、東京海洋大学、政策研究大学院大学、北里大学、東京慈恵会医科大学、明治学院大学があります。また、アメリカのテンプル大学の日本校が同区内にあります。

 

とまぁ何でも集まる港区ですが、全国的に有名な場所も多く青山や表参道、お台場といった華やかなイメージの場所も多いことから特別区の中でも(おそらく最も)人気の区であり地方の人でも知っているスポットの多いことから応募が集中するので、千代田区と同様、筆記試験と面接試験で高得点を取らなければ入庁は難しい区となっていますので港区を希望する人は相当頑張らないと厳しいかもしれません。

 

<港区DATA>

面積:20.34㎡(23区中12番目)

人口:124,015人(平成26年12月1日現在)

港区役所アクセス:JR山手線浜松町駅 徒歩10分
地下鉄浅草線、大江戸線大門駅 徒歩5分
三田線御成門駅 徒歩5分

港区ホームページ:http://www.city.minato.tokyo.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電話お問い合わせ