民間との併願は公務員試験の勉強の妨げにならない程度にしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shukatsu

民間企業の就活のスケジュールが改変され、時期が後ろ倒しになりました。

2016年に卒業する人たちはなんと4年の8月から民間の選考が始まるようで、内定式が10月なのでたった2ヶ月しかないんですね。

 

私のときは3年の冬から選考が始まってて4年の4月とかには大企業は内定を出していたので随分と変わったなと思います。

これは、これまで就活が長引くことで学業に専念できないとか留学の機会が損なわれるといった批判があったので、4年になるまではお勉強に専念できるように時期をずらしましょう、ということで変えられたわけです。

 

このことによって理系は余計に忙しくなるとか、短期決戦なのでより内定がもらえない人が増えるとか言われていますが、どのようなスケジュールであっても必ず批判はされるわけなんですがね。まぁ、新卒の一括採用をやめちゃえばいいわけなんですが、日本の企業はそれがなかなか難しいみたいですね。

 

そして民間企業が就活のスケジュールを後ろ倒しにしたのに倣い、公務員試験も来年度より全体的に例年より1ヶ月ほど遅く実施されることになりました。

今勉強している人は公務員試験だけじゃ不安だから民間も受けた方がいいのかなーと思っている人も多いかと思います。

でもよっぽど勉強に余裕がある人を除けば公務員試験に専念すべきだと思います。

 

私は民間企業も何社か受けたのでわかるのですが、就活をすると1社受けるだけでもとっても時間を費やすことになります。

就活をしたいと思うと、自分が受けたい業界の研究や企業の研究をし、自己分析をし、志望理由を考え、エントリーシートや履歴書を作成し、書類を通過すると何度も面接に呼び出されるわけです。これを何社もやっているととてもじゃないけれど勉強する時間などありません。

 

まぁ、選考自体は8月以降になるので、どちらかというとそれ以前の業界研究や自己分析に時間が割かれるわけですが、これも結構時間を取られますね。

インターネットでいろんな情報が出回っていますから、この会社はブラック企業だとかこの業界は先細りだとかいう情報に振り回され、実際に自分が思っているよりも時間を取られます。

 

ですので、勉強に不安がある人がリスクヘッジのために民間を併願をすると、こうしたことに時間を取られ、ますます公務員試験の合格から遠ざかります。

なので、勉強が進んでいて余裕のある人以外はできるだけ民間企業を併願することはおすすめしないのです。というか、余裕がある人でも公務員を専願で勉強しているわけなので中途半端なことをしてはいけないのです。

どうしても就職しなければならないのであれば中小企業や追加募集を狙うという手も!

そうは言っても留年や就職浪人なんてできないからどっか民間受けとかないと!という人もいるでしょう。

そんなときは追加募集や中小企業を狙うのがおすすめです。

大企業の場合、ほとんどは早く募集を終わってしまいますが、ごくたまに内定辞退を埋めるために追加募集を行うところがあります。その頃には公務員試験もひと段落している頃かと思いますので、ゆっくり腰を据えて受けることができるでしょう。

 

あとは中小企業を受けるという手もあります。

大企業に比べ選考が遅いところも多く、人手不足の企業も多いので公務員試験が終わってからでも採用を行っているところはいくらでもあります。

中小企業というと特に公務員を目指しているような人だとあまりイメージがよくないかもしれませんが、今は大手企業でも倒産する時代ですし、中小企業でも独自の技術があり売上を伸ばしているところはたくさんあります。大きい会社で歯車として一生を終えるよりも小さいところでスキルを磨くという手もあります。

 

ということで、勉強に余裕のない人はできるだけ民間は併願すべきではありません。終わるまではとにかく勉強に集中!

民間を併願してなくて公務員試験に落ちてしまって贅沢さえいわなければいくらでも求人はあります。そして、このページを見ている人が公務員が第一志望のはずです。

ぼくの公務員の元同期もほとんど公務員一本でした。民間でもいいかも、とちょってでも頭をよぎっている人はこの記事でも見てみて自分がどっちがいいかよく考えてみてください。

中途半端は一番よくない、ということだけはしっかり覚えておいてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電話お問い合わせ