公務員になりたい人必見!公務員試験の対策と勉強法を全解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
study

公務員になりたいと思っていても、「そもそも公務員になるにはどうすればいいのか?」「公務員ってどんな種類(職種)があるの?」「どうすれば合格できるの?」「試験内容は?」といった疑問が出てくるのではないでしょうか。

公務員と一口に言っても国家公務員や地方公務員、教師や警察などの公安系も公務員です。なのでそれぞれの仕事内容を知り自分がどういう仕事をしたいのかということも考えていかなければいけません。

また、公務員試験は一般的には難関試験となっているのでしっかりとした対策を練る必要があります。

公務員人気はずっと続いており、それなりの学歴がある人も対策をしなければ合格することができません。そして最近は面接試験も重視されているおり、なんとなく勉強をするだけでは公務員になることは難しくなっているのです。

ここでは公務員試験について何も知らない人でも公務員試験とは何か、どのように勉強を進めていけば良いか、といったことを徹底的に解説していますので、これから公務員を目指す人は参考にしてみてください。

※本記事は大卒程度の試験を受験する方を対象としています。高卒程度の試験を受験予定の方は高卒で公務員になりたい人が試験について知っておきたいことまとめをご覧ください。



1.公務員と一口に言っても種類は様々

公務員と聞いて想像するのは、市役所などの窓口で住民票を発行している人たちではないでしょうか?
そしてそんな人たちを見て「公務員は楽そうでいいなぁ。5時には窓口閉まるから毎日定時だし」と思っていることでしょう。

たしかにあの窓口の人たちは公務員ですが、彼らはその中でも地方公務員という種類の公務員なのです。

しかも数多くある仕事の中のほんの一部しか見ずして、窓口の人たちを見て「公務員は〜」というのは早計すぎるでしょう(しかも最近は窓口業務を民間委託している自治体も増えてきているためますます公務員の仕事を知る機会が少ないかもしれません)。

では、公務員はどんな種類があるのでしょうか。大きく分けると以下のとおりになります。

国家公務員
・国家公務員総合職
・国家公務員一般職
・国税専門官
・財務専門官
・労働基準監督官
・法務省専門職員
・航空管制官
・裁判所職員
・家庭裁判所調査官
・国立国会図書館職員
・衆議院事務職員
・参議院事務職員
・自衛官幹部候補生
・食品衛生監視員
・皇居護衛官

地方公務員
・都道府県職員
・市町村職員

国立大学法人

公安系公務員(警察・消防)

教職員

どうでしょう?思ったよりもいろんな種類があるなと感じたのではないでしょうか。

ですが受験生の大半は国家であれば国家公務員総合職・一般職、国税専門官、財務専門官、労働基準監督官、裁判所事務官、地方公務員であれば自分の住んでいる自治体と都庁や特別区、そして国立大学法人を試験日程が被らないように併願していくというのが一般的な方法でしょう。

国家公務員であれば省庁ごとや職種によって仕事内容が異なってきますし、地方公務員も自治体によって力を入れている政策や地域の特徴による施策を行っていたりするため、自分がどのような仕事をなんとなくでも決めておきましょう(具体的な仕事内容までは面接の段階までは決める必要はありません)。

自分が受験する試験区分について知っておこう

国家公務員と地方公務員においてはさらに行政職、技術職、資格職、学校事務などの「試験区分」に分かれます。

行政職とは受験生の大半が占めるいわゆる事務職であり、本庁や出先機関で窓口業務をはじめ、企画や予算管理、施設管理、計画策定、人事、税金の徴収、用地交渉など非常に多岐に渡る仕事を行います(仕事内容については知っておきたい事務系職種公務員の仕事内容を参考にしてください)。
文系の学生であればほとんどが行政職を受験します。

技術職は建築や土木、電気、機械、化学、農業といった専門を生かした職種になっており、理系の学生であれば技術職を志望する人が大半です(中には理系で行政職を受験する人もいます)。

受験先は今すぐに決める必要はない

こんなに種類があったら決められないよ!と思っている人も多いかもしれませんが、いきなりピンポイントでどこを受験するかを決める必要はありません。受験を申し込むのは試験日の2〜3ヶ月ぐらい前なのでその時に決めれば大丈夫です。

よくある傾向としては、大卒向けの試験であれば国家一般職、国税専門官、裁判職事務官、特別区または東京都、地方上級試験(政令指定都市)をメインとして受験し、比較的小さい市役所(地元の市役所など)を受験するというパターンが多いです。

公務員試験は筆記試験の日程さえ被らなければいくつでも併願できます(受験料は無料です)。なので日程を確認し、職種や自治体によって出題科目が異なるのでどこを受験するかということはなんとなく決めておくべきです(27年度の日程については平成27年度公務員試験の日程一覧を参考にしてください)。

2.まずは自分がどの試験を受験するのかを確認しよう!

公務員の種類だけ公務員試験の種類があります。

あなたが高卒なのか大卒なのか。

国家公務員になりたいのか地方公務員になりたいのか、その中でもどこの省庁や自治体の職員になりたいのか。

さらに行政系なのが技術系なのか。

これら全てにおいて公務員試験を受けるにあたって試験の形式が異なってきます。

まずは学歴ごとに試験の「程度」が異なります。
「程度」というのは「大学卒業程度」「短大卒業程度」「高校卒業程度」のように分類され、試験によっては「1類」「2類」「3類」、また「上級」「中級」「初級」といった分類もありますがいずれもそれぞれ大卒、短大、高卒程度と同義です。

本記事は大卒者の方をターゲットとしているので、「大卒程度」「1類」「上級」といった試験を受験する方が大半かと思います(後述しますが民間等で社会人経験がある人は経験者採用試験というのも受験できます)。

大学卒業程度とは大学を卒業する見込み、もしくは大学を卒業している必要はありません。あくまで試験内容が法律や経済、技術職であれば工学系というように大学で学ぶ内容となっているためであるので、年齢要件さえ満たしていれば受験できるところがほとんどです(学歴要件がある試験もあるので必ず受験要項で確認してください)。

そして職務内容によって試験「区分」が異なり、「◯◯県採用試験」とある場合でもその中で職務内容ごとに試験区分が分けられ、文系職種であれば行政、法律、経済区分、理系職種であれば建築、電気、機械というように分類されます。

文系・理系というのは目安に過ぎず、例えば法学部の人が電気職を受験したり、逆に理系の人が行政職を受験することも可能です。実際、理系の人で行政職を受験する人はたまに見かけますので、法律や経済をきちんと勉強すれば合格はできると思います(逆のパターンはかなり少ないですが)。

さらには警察事務や学校事務、一般事務という区分もあり、公務員というのは実に様々な職務内容となっているのでそれだけ公務員試験の種類が存在するということだけ覚えておいてください。

ここまで読んで何のこっちゃわからないという方は以下の内容で理解しておくとようでしょう。

【文系の場合】
大卒程度の行政職(事務職)の試験を受験するのが一般的です。

【理系の場合】
理系であればそれぞれ専攻してる分野(電気や建築などの技術職)で大卒程度の試験を受験するのが一般的だと思っておいておけばいいでしょう。※後述しますが「年齢制限」には十分注意する必要があります。

他にも保育士や薬剤師などの資格免許職、警察や消防といった公安職もあるので、現在自分が何を学んでいて、将来的に何をしたいのかを明確にしていくことが重要となります。

重要な点として、いずれの試験区分も年齢制限があります。これをクリアしなければそもそも受験することができません。

国家公務員よりも地方公務員のほうが制限は緩やかであり比較的高齢でも受験できる自治体が多いという特徴があります。20代半ば前後までであればほとんどの試験が受けられますが、20代後半や30代以降になると、選択できる範囲が狭まるので必ず受験先の要項を確認するようにしましょう。

民間企業等で経験がある方は「経験者採用」という枠で受験することができます。詳しくは社会人が受験できる公務員試験の内容と採用後の待遇についてをご覧ください。

また、社会人経験がなくても最近は年齢制限の引き上げに伴い受験できる自治体は増えています。年齢制限はほぼない!30歳以上でも受けられる公務員試験はたくさんあるを参考にしてみるとよいでしょう。

3.難易度だけで受験先を決めるのは危険!

巷にはよく公務員試験の難易度ランキングなるものが存在していますが、基本的にあれはあてにしないほうがいいでしょう。

というのは、最近の公務員試験は筆記試験だけでなく面接試験も重視されているので筆記試験でいくらいい点数を取っても採用に至らないケースも多くあります。特に小規模な自治体は面接が複数回実施され、その倍率は数十倍になることがあります。

また公務員試験は試験科目が膨大であるため(後述)、大学受験で何の科目を選択したか、また何を専攻しているか、受験する試験に専門試験があるかどうかでかなり変わってくるので一概には言えないというのが正直なところです。

ですが、よく公務員試験に合格するのに必要な勉強時間は大卒レベルの行政職試験であれば1000〜1500時間と言われており、一般の人であれば半年〜1年勉強すれば受かる試験ではあります。

ただ、よく受験生から「今からやって間に合いますか?」や「どれくらい勉強すれば合格できますか?」と聞かれますが、上記のように大学受験でどのくらいの科目を勉強したか、受験先の出題科目は何かによって大きく変わるため明確な回答はできません。
勉強時間については公務員試験合格に必要な勉強時間について知っておきたいことでもまとめていますので、気になる方は参考にしてください。

(なお、場合によっては半年以内の短期で合格することもできます。詳細は公務員試験に3ヶ月〜半年の短期間で合格する勉強法をご覧ください。)

こうしたことから、司法試験や公認会計士といった超難関試験に比べれば合格しやすいですが、宅建や簿記2級のようなメジャー資格よりははるかに難しいものであることは間違いありません。

ちなみに、前述の通り公務員試験の種類は非常に多種多様ではありますが、その中でずば抜けて難しいのが国家総合職と裁判所事務官総合職です(衆議院事務職員なども合格率の面では難しい部類に入りますが採用数が少ないためここでは割愛します)。

前者はいわゆる官僚になる人(キャリア組とも言います)が受ける試験であり、後者は院卒生を対象とし司法試験組が受験するような試験となっており、ともに高学歴かつ勉強ができる受験生が多数占めており公務員試験の中でも最難関の試験となっています。

さらにこれらは他の試験と同様、官庁訪問や面接も行われるため、勉強だけできても採用されるとは限りません。勉強だけできるが社交性のないガリ勉タイプは今や間違いなく公務員試験に合格することが難しくなっているのです。

国家総合職および裁判所事務官総合職以外では国家公務員は筆記試験のウエイトが高く、問題レベルも高い傾向にあります。
一方、地方公務員の場合は大きい組織(都道府県レベル)だとやや難しい傾向にあり、小さい自治体(市区町村)は易しめな傾向があります。

しかし、試験に合格したいからという理由で試験の易しい自治体を受けるというスタンスはおすすめできません
なぜなら前述のとおり公務員も面接重視の傾向となっているため、たとえ筆記試験に合格できたとしても最終的に内定をもらえるかどうかはわからないからです。

一般的に筆記試験のレベルが低いところほど受験者が集まり、また民間併願者や現在民間企業で働いている人なども受験することも多いことから面接のレベルは高くなります。

勉強だけしてきた人に比べ併願者や社会人のほうがコミュニケーションのレベルはもちろん高いので、そのような受験生と戦わなくてはならないということを覚えておいてください。

なお、試験全体の倍率に関してはあまり気にしなくてもいいかと思います。

もちろんそもそもの採用人数が少なく、数十倍や数百倍になる試験は採用されるのは難しいと思いますが、一次試験から最終合格までの倍率が10倍ぐらいであればそれほど恐れる必要はありません。

なぜなら公務員試験は無料で受験できるため記念受験組が多いので、きちんと勉強している人だけで考えれば実質の倍率はかなり低くなるはずです。

逆に面接の倍率が高い試験や3次試験や4次試験のように面接回数が多い試験(小さい自治体に多い)は人物重視の傾向が非常に強いため小手先のテクニックだけでは合格は難しくなってくるので要注意です。そこの自治体出身でない人や勉強が得意な人はまずは試験日の早い国家公務員や都道府県、政令指定都市を狙っていくといいでしょう。

ちなみに、よく言われる学歴やコネによる採用の違いはありません。詳しくは公務員はやっぱりコネ採用?学歴は関係あるの?をご覧ください。

4.公務員試験は科目が膨大!重要な科目からまずは勉強を始めよう!

ここまでで公務員試験についての概要はわかってきたかと思いますが、公務員試験の最初の関門は何と言っても一次試験と呼ばれる筆記試験を通過することです。

何度も最近の公務員試験は面接重視だと言ってきていますが、それでもまずは筆記試験に合格しなければならず、そして一次試験に合格するのも決して簡単なことではなく、20科目ほどの勉強をしなければならないためしっかりとした対策が必要となります。

公務員試験は、「教養択一試験」「専門択一試験」「論文試験(教養)」「面接試験」が課せられるのが一般的です。試験によっては専門記述試験や適性検査が課せられるケースもありますので必ず受験先の要項で確認するようにしてください。

教養択一試験専門択一試験は公務員試験において非常に重要な試験となり、まずはこれらを攻略することを目指しましょう(ちなみに択一試験とは5肢択一問題のことで5択から一つ選択する形式です)。それぞれの科目の詳細については以下のとおりとなります。

教養択一試験

教養択一試験には「一般知能」「一般知識」があり、それぞれの科目は以下のようになります。

一般知能は「文章理解」と「数的処理」に分類され、それぞれで出題される科目は以下のとおりです。

文章理解・・現代文、古文、漢文、英文
数的処理・・数的推理、判断推理、資料解釈

一般知識は「人文科学」、「自然科学」、「社会科学」に分類され、それぞれで出題される科目は以下のとおりです。

人文科学・・思想・文学・芸術・日本史・世界史・地理
自然科学・・数学・物理・化学・生物・地学
社会科学・・政治・法律・社会・経済

「数的処理」という言葉は聞きなれないかと思いますが、小中学校でやった算数、判断推理はパズルや図形的な問題、資料解釈は与えられた資料を読み取り正しいものを選ぶ、というものです。

数的処理はどの試験でも必ず出題される上に出題数が多いため非常に重要な科目です。しかし、苦手とする人が多くやっかいな科目でもあるため、早めにしっかりと対策していくことが必要となります。

一般知識は基本的には高校でやる科目であり、難易度としてはセンターレベルと考えるといいでしょう。大学受験でどれだけ勉強したかがここにかかる労力の差となって現れてきます。

一般知識は暗記が中心となってくるため、勉強を始めるタイミングも一般知能よりも遅めで大丈夫です。しかし、科目が膨大なため、他の重要科目をいかに早めに終わらせることができるかがポイントとなります。

専門択一試験

受験生の多い行政系の公務員試験の場合、専門択一試験は法律系、経済系、行政系に分けることができ、それぞれの科目は以下のようになります。

法律系・・・憲法・民法・行政法・刑法・商法・労働法
経済系・・・経済原論・財政学・経済史・経済事情・経済政策・経営学
行政系・・・政治学・行政学・社会学・国際関係・社会政策

専門択一試験は主に大学で学ぶ科目となるため難易度は比較的高く、しっかりとした対策が必要となります。

技術職の受験生であれば、職種ごとに試験科目が異なり大学で専攻している科目が試験科目となることが多いです。(例:建築職の場合、構造力学、建築計画、建築法規、都市計画など)

出題科目は多いですが、どれも重要な科目というわけではなく特に重要なのは憲法、民法、行政法そして経済原論です。これらの科目は専門試験が課される試験であれば必ず出題され、かつ出題数も多いため公務員試験を突破するためには必ず対策しておかなければなりません。

教養科目についても言えることですが、出題科目が少なかったり、そもそも出題されない科目もあるため受験先の試験情報を確認し、どの科目が何題出題されるか確認し、重要な科目から勉強するようにしていきましょう!

出題科目についてさらに知りたい方は公務員試験に出題される科目まとめ(行政・事務系)を参考にしてみてください。

学習スケジュールについて

膨大な試験科目をこなしていくには優先順位が必要となります。
教養試験は数的処理が、専門試験は憲法、民法、行政法、経済原論(ミクロ経済学・マクロ経済学)が重要科目となるためまずはこれらの科目(主要科目)を一通り勉強してください(受験先に専門試験がない場合はとにかく数的を頑張りましょう)。

特に数的処理は毎日勉強しパターンを身につける必要があります。公務員を目指すと決めたのであれば必ず毎日学習し体に覚えこませることです。数的は特に文系の方は苦手とする人が多いので甘く見てはいけません。

専門科目については、主要科目の中でもまずは憲法、そして民法を学習を進めていくことをおすすめします。

これらの主要科目はとにかく出題範囲が膨大であり終わらせるのが大変なため直前の詰め込みでは到底間に合いません。また憲法の勉強は他の法律系科目の学習に役立つことが多いため予備校でも最初に学習するケースがほとんどです。

また、これらの科目はどの試験でも出題数が多いため、いかに早く習得し苦手意識を無くせるかがポイントとなります。
そして、一通り学習したら一般知識や行政法、経済原論などの勉強に移っていきます。

このように科目が膨大であっても重要科目という考えがあるため、優先順位を考え、しっかりとスケジュール感を持って勉強を進めていかないと試験本番で得点できないという事態に陥ってしまいます。最初に何を勉強すべきかを考えることはとても重要となることを知っておきましょう。

5.なんだかんだで予備校に通って勉強することが合格への近道

試験科目の多い公務員試験はただやみくもに勉強を続けても合格は難しいことはご理解できたかと思います。
独学で合格する人もいますが、個人的には予備校に行くことをおすすめしています。理由は次のとおりです。

1、出題傾向をつかめるため無駄な勉強を省くことができる
2、学習ペースは予備校に合わせていればよい
3、 モチベーションを維持することができる
4、わからないところをすぐに聞くことができる
5、面接対策は独学はほぼ不可能

以下で詳しくご説明します。

1、出題傾向をつかめるため無駄な勉強を省くことができる

についてですが、独学で勉強をすると市販の参考書と問題集を進めていくことになるかと思いますが、そうするとどういった部分が重要かどうかが自分では判断しづらくなります。

受験先により出題傾向や難易度は全く異なります。
しかし問題集は難易度の高い問題や出題数の少ないジャンルも全て網羅しているため初めから全部解いていくのは非常に効率が悪いのです。

予備校に通い勉強をすると、「この問題は難しいから国家総合職志望者以外は解けなくていい」といったことを言ってくれます。
受験先により難易度や出題傾向が異なるのでこうした情報というのは独学ではなかなか得ることができないのです。

2、学習ペースは予備校に合わせていればよい

科目が膨大な公務員試験はスケジュール感を持って勉強を進めることが重要だとお伝えしましたが、予備校に通うことで自分でほとんどスケジュールを考える必要がなくなります

予備校は、「国家一般職・地方上級合格コース」のように、その試験に合格するためのカリキュラムがパッケージになっているのが一般的です。

そのため、試験日までに学習すべき内容についてあらかじめスケジューリングされているため「何から勉強すればいいのだろう?」と考える必要がありません。

先述した、一般知能と憲法から学習を始めるべきというのも予備校であれば当たり前のようにそうしたスケジュールになっているはずです。
そして次に学習すべき科目も決まっているので間違った優先順位をつける不安もなくなるということなのです。

3、 モチベーションを維持することができる

勉強を進めていく上でモチベーションを維持することはとても重要です。

公務員試験の勉強は半年から1年という長丁場であるため独学だとモチベーションが低下してしまう可能性は非常に高いです。

毎日毎日図書館やカフェに行って問題集を解く、というのを1年間続けることができますか?もちろん独学で合格した人もいますが、大半は難しいのではないかと思います。

予備校に通うことで公務員を目指す仲間ができます。
勉強を進める上では仲間がいることはとてもいい刺激になり、ふとやる気がなくなったときでも息抜きに話をしたりすることでモチベーションを保つことができます。

4、わからないところをすぐに聞くことができる

予備校の醍醐味はわからなところは聞けることでしょう。

独学で問題集を解いていたら必ず解説を見てもわからない問題が出てきます。そうしたときに一人で悩んでいるのは時間の無駄ですし、そもそもその問題が解ける必要があるのかどうかもわかりません。

市販の公務員試験用の問題集にはあらゆる試験の問題が載っているため、例えば国家総合職の問題などは難易度が非常に高く人によっては解けなくてもいいのです。
また、科目内で頻出分野というものがあるため、時間のない受験生は問題や分野の取捨選択も必要となります。

つまり、わからない問題について聞くということ以外に、その問題や分野をやるべきかどうかということも聞くことができ、無駄な時間を減らせるというメリットがあります。

ちなみに、集団授業だと質問がしづらいという人は個別指導の予備校を利用すると良いでしょう。大手だから良いと思わずに、必ずいろいろ話を聞き自分に合った予備校を選ぶようにしてください。

5、面接対策は独学はほぼ不可能

何度もお伝えしてますが、公務員試験が面接重視の傾向となるため筆記試験後にはしっかりとした面接対策を必ず行う必要があります。

面接対策は基本的なことは本である程度カバーできるものの独学の対策ではほぼ不可能であるため予備校で模擬面接などによる対策が必要です。

志望理由が説得力があるものか、気になる癖や話し方でないかなどは自分では分からないため、講師に評価してもらう必要があります。

ですので数ある予備校の中でも必ず「面接対策を無料で何度もやってくれる」ところを選ぶようにしましょう。予備校によっては1回5000円というように料金が発生するところもあります。そのため、申し込みをする前に通常の講義以外の部分についてどのようなサポートをしてもらえるかをしっかりと確認しましょう。

予備校の費用に関してはコースで20万前後と決して安くはないため独学で勉強を進める人もいます。
しかし、数十万をケチって1年を棒に振ることを考えると決して高くはないはずです(1年早く公務員になったら給料、生活費等考えると数百万の差が出ますよね)。

私は独学ではなくこうした理由から予備校に通って勉強をすることをすすめています。

また、予備校によっては奨学生制度があり、簡単な作文を提出すれば割引になるといったケースもあります(LECの場合は期間内に申し込みをすれば受講料が最大半額になりますhttp://www.lec-jp.com/koumuin/news/scholarship/

奨学生制度の利用に関してはそれほど敷居は高くないので積極的に利用すべきでしょう。
LECに限らず他の予備校でもこの制度を行っている可能性はあるのでホームページなどで確認してみるといいでしょう。

なお、まずは独学で始めたいという人は参考書選びがとても重要になってきます。
正しい参考書選びが合否を決めると言っても過言ではありません。

参考書については大手予備校講師おすすめ!公務員試験で使える参考書まとめで主要科目については紹介していますので参考にしてみてください。

そして、独学の場合、どのように勉強を進めていくかを自分で考えなければならないため、これまで受験勉強などをしたことがない人にとっては大変であることは間違いありません。

直前になって慌てて予備校に行こうとしても受け入れてくれるところはほとんどありません。
早いうちに本当に独学で進めていくべきかどうかを判断するようにしましょう。

6.試験対策の基本は過去問をこなすこと!

予備校に行って講義を受けて満足する人がいますが、それだけではまず受かりません。
講義内では問題を解きますが予備校で使う問題集は基本的には過去問です。

過去問というと大学受験で使うような赤本をイメージしがちですが、そうではなく様々な職種の試験の問題がランダムにカテゴリごと(民法の抵当権の部分など)に掲載されています。

予備校の問題集であればあまり奇問や悪問は載っておらず各カテゴリで比較的よく出る問題が中心なので、基本的には予備校の問題集をマスターすればほとんどの試験に合格できます。そのため講義を受けて解きぱなしではなく、必ず復習をしましょう。

ただし、間違った復習の方法をしては意味がありません。過去問の解き方については公務員試験合格に必要な正しい過去問の解き方のすべてをご覧ください。

過去問をこなすという勉強はあらゆる試験に共通するものです。TOEICや簿記などの資格試験の勉強をした方であればわかるかと思いますが過去問はめちゃくちゃ大切です。
「過去問を制するものは試験を制する」とまで言われてますから、公務員試験の勉強をする=過去問を解く、という認識でいても過言ではありません。

独学の方でも方法は同じで、市販の過去問が掲載された問題集を買い、とにかく解けるように何度も回してください。

ただし、過去問集として「スーパー過去問(スー過去)」が有名ですが、いきなりスー過去に取り掛かっても解説の簡素さや問題数の多さで挫折します。

まずは易しめのテキストで一通り理解し(完璧に理解する必要はありません)、それからスー過去などに移り、問題を解き間違ったものについては解説を理解し、テキストで該当の箇所を確認する、という流れで進めていったほうがよいでしょう。

注意点として、公務員試験は難問が解けなくても基本〜標準問題が解ければ合格できる試験なので、解説をいくら読んでもわからない問題は後回しにしてください。まずは基本的な問題を解けるようにする、というのを必ず意識するようにするべきなのです。
落ちる人ほどいろんな問題集に手を出したり、分からない問題に何時間もかけてしまったりする傾向にあります。

予備校に通うにせよ独学にせよ、基本は過去問をきちんとこなすということ覚えておきましょう!

7.公務員の仕事は甘くないものだと知ろう

さて、ここまで読んでいただいた方は公務員試験の全体像がなんとなく掴めどのように勉強をしていけばいいのかということがわかったかと思います。

しかし、そもそもなぜ公務員を目指したいと思ったのかよーく考えてください。

なんとなく楽そうだから?一生安定で福利厚生もしっかりしているから?ワークライフバランスでアフターファイブを満喫したいから?

いずれも公務員を目指す人が言いがちな台詞ですね。

確かに福利厚生はしっかりしているのは間違いないですが、それは民間企業でも公務員以上に福利厚生が整っているところもあります。

しかし一生安泰かというとそうとは言えないかと思います。自治体によっては財政状況の悪化に伴い人員削減(採用数の抑制)を進めているところがあります。

そうすると給与の削減だけでなく、既存の職員の仕事量が増えていき残業せざるをえない状況になります。

よく省庁の官僚は毎日朝方まで仕事だけど地方公務員は楽でしょ?なんて聞かれますが、そんなことはありません。

正直楽な部署もありますが、毎日終電まで仕事が当たり前という部署もあります。また、税金の取り立てのような仕事もありますし、住民からの理不尽なクレームにも耐えなければならず強いメンタルが必要であり、決して楽な仕事ではありません。

民間でもそうですが、大変な部署とそうでもない部署があるだけであり、一概にどうというのは難しいのです。

それでも公務員として働きたい!という人は目指せばいいと思います。

自分が何がしたくて、公務員になったら何ができるか。このあたりをよく調べ目指しましょう。そうすれば面接の際の志望理由としても使えます。

とにかく楽がしたい、という気持ちでは入庁してから現実を知りつらい毎日を送るだけなので、勉強を始める前に「公務員になって何がしたいか」をよく考えてから取り掛かることをおすすめします。

ここで公務員の大変さについてごちゃごちゃというつもりはありません。気になる人は以下の本を読んでみましょう。

公務員入門―「不況の時はやっぱり公務員」のウソ・ホント

本書は公務員志望者は読んではいけません!というほど公務員の実態について書かれている本です。
公務員の制度の仕組みを知りたい人や公務員に幻想を抱いている方にはぜひ目を通してほしい一冊でもあります。

8.まとめ

「全解説」とは言ったものの、ここで全てを知ることは不可能です。それほどに公務員試験というのは多種多様であり、勉強方法も人によって異なるということです。

しかし、受験する試験はほとんどの人が同じです。大卒であれば国家一般職や地方上級試験、東京都・特別区などをベースとし、あとは日程などを見て受けたいものを受けるといった感じです。

公務員を目指すと決めたらまずは一次試験突破のために「すぐに」勉強を始めてください。一部の人を除き短期間で受かるほど甘い試験ではありません。

ですが公務員試験レベルの試験に何年もかかってはいけません。

必ず1年以内の合格を目指しましょう!そのためには効率よく勉強を進めていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

個別授業講座(数的処理)のご案内

ASK公務員は、とにかく数的処理が苦手でどうすればいいかわからない、一次試験に落ちてしまったけれどどうすればいいのか、というお問い合わせを多くいただくようになってきたことから、数的処理の対策に特化した個別授業講座を行っています。

これから公務員試験の勉強を始めるけれど数的処理は早めに対策したい方
・数的処理や数学がとにかく苦手な方
・これまで予備校や学内講座を受講しているけれど一向に解けるようにならない方
独学で勉強しているが数的はどうしても分からない方

数的処理は早めに対策を行うことが重要です。
個別指導によりあなたに合ったプランを作成し合格のサポートをいたします。

数的処理の個別授業講座の詳細はこちら

電話お問い合わせ