やっぱり上野と浅草が有名!「台東区」の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ueno

台東区は23区中最も面積の小さい区ですが、23区の中心部に隣接した非常に交通網の発達した場所です。 それと同時に台東区は、数多くの歴史的な観光名所に恵まれた土地でもあります。

台東区といえば上野と浅草が有名ですね。どちらも下町のイメージがあるかもしれませんが、駅前は非常に栄えており交通の便もいいのが特徴です。また観光地としても国内だけでなく外国からの訪問者も多く一年中賑わっている地でもあります。

 

上野

不忍池

台東区の中枢といえば、新幹線やJRなど、主要各路線が集まっている巨大ターミナル、上野駅です。

上野駅の歴史はかなり古く、明治時代に開通した日本鉄道(上野〜熊谷間)の駅舎が最初に作られたのは、1883年のことでした。 現在、上野駅で発着する新幹線は、東北新幹線、上越新幹線、長野新幹線のほかに山形新幹線、秋田新幹線にも直通で乗ることができます。

一般路線としては、山手線、京浜東北線、宇都宮線、常磐線、高崎線、京成線といった、JR・私鉄の路線も集中しています。 日比谷線と銀座線の地下鉄ホームもあるなど、日本で有数の巨大ターミナル駅として機能しています。

 

そして上野駅の周辺は、都内でも有数の大規模な観光地となっており、なかでも西口側にある上野公園が、台東区の主役というべき存在でもありパンダやサクラの名所としても有名なので聞いたことがある人も多いかと思います。公園内には不忍池という広大な池がありボートに乗ることもでき訪れた人の憩いの場にもなっています。

 

国立美術館、国立博物館、不忍池、上野東照宮、子供遊園地などがあり、とても見どころの多い公園となっています。

駅前には松坂屋やABABといった大型の商業施設があり、後述するアメ横が あったりと買い物にも便利な街でもあり、台東区役所はこの上野駅から徒歩5分の場所にあるので素晴らしいロケーションとなっています。

浅草

浅草

浅草の名所といえば、浅草寺です。超有名な 巨大なちょうちんの下がった雷門と、境内へと続く仲見世通りには、連日多くの観光客が訪れます。

仲見世通りでは、日本の伝統工芸品、ファッション、おもちゃ、伝統的な食べ物などの商店が、ずらりと軒を連ねており、都会の中に下町らしい雰囲気を感じるエリアです。

 

浅草寺の近くには、こじんまりとした遊園地である花やしきがあり、ローラーコースター、お化け屋敷などの施設があり、何ともなつかしい雰囲気の遊園地です。

浅草駅のすぐそばには隅田川が流れており、毎年ここで隅田川花火大会が行われています。 この花火大会は、江戸時代の1733年(享保十八年)に始まった花火大会から続いている伝統的な行事であり、打上数20,000発、来場者数約80万人と都内で開催される花火大会の中でも非常に大規模で人気のあるものとなっています。

 

アメ横

アメ横

台東区で有名なのは上野と浅草ですが、上野駅の南方から御徒町にかけて、一駅分という長い距離に全国的に有名なアメヤ横丁(アメ横)という商店街も有名です。ちなみに大阪のアメ村とは全く違います(笑)。

アメ横は様々な日用品や食品を祭りの屋台のように販売しており、とにかく新鮮なものを安く買うことができるため日々活況を見せており休日は多くの人でごった返しています。特に年末年始は食料品を買い込む人でまともに歩くことができないほど人が集まります。

 

谷中

谷中

文京区の根津と千駄木と合わせて「谷根千」と呼ばれるこの地域ですが、文京区と荒川区が入り交じっており谷中霊園を中心に墓地や緑が多く、「谷中ぎんざ」という荒川区まで続く商店街は総菜屋や食料品、お菓子屋などが数多く立ち並び、昔懐かしい商店街という雰囲気を感じることができます。

最近はメディアへの露出が増えてきており注目の集まるエリアでもあります。

 

谷中は上野や浅草のような大きな施設は特になく低層住宅や寺院が建ち並ぶ地域ですが、銭湯を改装したギャラリーがあったりと歩いていて楽しめる場所でもあります。また、周辺には猫がなぜか多く、関連した店もあり猫好きにも愛される場所でもあるのです。

 

 

このように台東区は都心に近い所にあり、繁華街が広がる土地でありながら、歴史と伝統、そして下町の懐かしさを感じることのできる、見どころの多い魅力あふれる区となっております。

 

<台東区DATA>

面積 :10.08㎡(23区中23位)

人口:189,828人(平成26年12月1日現在)

台東区役所アクセス:JR上野駅 徒歩8分
地下鉄日比谷線上野駅 徒歩5分
地下鉄銀座線稲荷町駅 徒歩5分

台東区ホームページ:http://www.city.taito.lg.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
電話お問い合わせ