【7月6日開催】自己分析&特別区3分間プレゼン対策セミナー

面接対策の基本は「自己分析」から始めることです。しかし、自己分析を苦手とする受験生が多いのも事実です。

そして、自己分析ができていないと、志望動機や自己PRなど、面接試験で重要な質問に答えられなくなってしまいます。面接で思うように結果が出ないのは、この自己分析がしっかりできていないことに大きな原因があります。

昨年の7月に「自己分析セミナー」を実施した際には、参加者の方から多くの喜びの声をいただきました。
今回は前回よりも充実した内容とし、さらに特別区を志望する方向けの「3分間プレゼン」の対策も行っていきます(※3分間プレゼン対策は希望者のみです)。

「ワーク形式による自己分析」「セミナー終了後の講師からのフィードバック」により、自信を持って面接試験に臨むことができるでしょう。

面接試験が不安な方はぜひご参加ください!

定員に達したため締め切りました!

本セミナーの対象となる方

  • 自己分析のやり方がわからない方
  • 自己分析をしたけれど自信がない方
  • 面接にアピールできそうなネタがない方
  • 特別区志望で3分プレゼンの対策をしたい方
  • とにかく面接の自信がない方

本セミナーの内容

第1部:特別区3分間プレゼン対策(13:30〜14:00)※希望者のみ

特別区の人事委員会面接では、最初に「自分の強みをいかして特別区でどのような仕事に挑戦したいか」について、3分間のプレゼンテーションを行なうことになっています。
面接の冒頭はたいていの人が緊張するものですが、最初のプレゼンでうまくいけばその後の面接も余裕をもって受け答えできます。

プレゼンテーションは、話の組み立て方はもちろん、その場にふさわしい声量で話しているか、相手に分かりやすい表現を使って話しているか、といった話し方や立ち居振る舞いも重要です。
本講座では、3分間のプレゼンテーションで面接官にわかりやすく内容を伝えるためにどのように話を組み立てれば良いか、そして好印象を与えるために知っておきたいポイントをお伝えします。

※本講座は面接試験であれば求められる内容ですので、特別区志望者に限定しません。

講師紹介

尾川 直子

熊本大学文学部を卒業後、熊本放送に入社し、ラジオ、テレビのアナウンサー、ディレクター、広報、編成などを経験。放送局で国の行政機関や県庁、市役所などと業務を行うことで公務員の仕事について知る。
その後、大手予備校にて公務員講座の文章理解、教養論文、小論文・作文、面接対策を行い、大学への出張講義も担当。また、公務員試験対策以外にもアナウンサー講座も行っている。面接対策は特に強みがあり多くの内定者を輩出。
「書くことと話すことはセットで上達する」を信条に、書く力をもとに聞く力と伝える力もつけ、論理性を向上させたうえでのコミュニケーション能力の獲得を目的とした指導を行っている。

第2部:【ワーク式】面接官を説得させるための自己分析の方法(14:10〜15:00)

面接試験で聞かれる定番の3大質問は、

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 学生時代頑張ったこと

です。
定番質問と分かっていていも、あなたはすぐに自信を持って答えることができますか?
面接の模範回答が載った市販本や予備校テキストがたくさんあり、それをただ真似て面接に挑もうとする受験生もいますが、面接官はそのような受験生を最も嫌います。

面接官に、「どうせ予備校でそう答えるように言われたんでしょ?」と本番で言われてしまう受験生もいるくらいです。
面接官が知りたいのは、受験生の本当の姿です。
どのように考え、どのように行動し、どのようにキャリアを積んでいこうと思っているのか。これらをしっかりと伝えたうえで、自分を売り込んでいく必要があります。そのために必要なのが、「まずは自分を知ること」=自己分析なのです。

本講座ではレジュメを使用しながら自己分析を行い、自己PRと志望動機の作り方をお伝えします。

【※お申込特典】
本講座を受講された方は、後日、面接で使おうと思っている「自己PR」について、添削・アドバイスを行いメールでフォローいたします。詳細はセミナーにてご案内いたします。

講師紹介

高橋 郁恵

慶応義塾大学法学部法律学科卒業。元裁判所職員で元大手予備校講師。予備校時代は、法律科目の映像講師の他、模試や書籍等の制作に携わる。また、元公務員の経験を活かして1000人以上の面接指導を行い、ゼミ生や模擬面接のリビーターから多くの上位合格者を輩出する一方、経歴や性格の面で面接を苦手とする受験生を徹底指導し内定までサポートしてきた。

第3部:公務員の仕事について(15:10〜15:30)

公務員の仕事について理解している人はどれだけいるでしょうか?私たちが知っている公務員の仕事は実際には業務のほんの一部に過ぎません。公務員にはそれだけ多くの仕事があるのです。

面接試験の前にホームページを見ても分かることは表面的なことであり、それだけではやりたい仕事を見つけることもなかなか難しく、当然面接試験に合格することもできません。
今回は公務員の仕事をより深く知る方法、そして仕事の内容について具体的な話についてお伝えします。

講師紹介

中西 哲則

大阪府立大学卒業後、特別区に入庁し都市整備部、環境部について街づくり事業や温暖化対策事業に携わる。現在は株式会社MEXUS代表、ASK公務員運営代表。
ASK公務員で公務員試験に突破する勉強方法を伝える傍ら、「多くの人のキャリア形成を支援したい」という想いで、2014年よりキャリアコーチとして活動。

前回の自己分析セミナーの参加者の声

ここでは、昨年実施した自己分析セミナーに参加された方のアンケートの結果を一部ご紹介します。

【満足度】
参加された方18名全ての方が「とても満足」または「満足」と回答されました。(「とても満足」「満足」「普通」「不満」「大変不満」の5項目から1つ選択)

  • とても満足…13名
  • 満足…5名

【参加者の声】
以下は前回の自己分析セミナーに参加いただいた方のアンケートの一部です。ご覧の通り、多くの方に満足いただくことができました!

(1)「自己PRの作り方、志望動機作成にあたっての考え方がレジュメにまとめてあり、わかりやすかった。今後の参考にしたい」

(2)「自己分析の方法と面接への心がまえを理解できて自信がついた」

(3)「具体的な結果が伴っていなくても自信があるエピソードならどんどん利用していいことがわかった」

開催概要

日時:2019年7月6日(土) 13:30〜15:30
※7月2日(火)申込締切

タイムテーブル

第一部(13:30〜14:00) 特別区3分間プレゼン対策(※希望者のみ) 尾川 直子
第二部(14:15〜15:00) 【ワーク式】面接官を納得させるための自己分析の方法 高橋 郁恵
第三部(15:10〜15:30) 公務員の仕事について 中西 哲則

定員:20名

料金:
①特別区3分間プレゼン対策+自己分析セミナーを受講される方
5,500円(税込)

②自己分析セミナーのみ受講される方
4,500円(税込)

※入会金など他にかかる料金は一切ございません。

会場
東京都文京区小石川2-4-17

【アクセス】
・東京メトロ南北線・丸ノ内線 後楽園駅 徒歩3分
・都営大江戸線・三田線 春日駅 徒歩4分
・JR水道橋駅 徒歩10分
・JR飯田橋駅 徒歩11分

受講の流れ

まずは下記の申込フォームよりお申込みください。確認後、ご案内のメールを送付いたします。
メールが届きましたら指定の口座に料金をお振り込みください。
確認でき次第、セミナー詳細のメールをお送りします。

FAQ

Q.自己分析がまったくできていない状況ですが大丈夫でしょうか?
A. 問題ありません。事前のアンケートを出していただくことで不安を解消し自己分析を進めることができます。

Q.どのような試験にも対応しているのでしょうか?
A. 今回のセミナーは、大卒程度試験を受験される方向けとなっております。そのため、高卒程度試験および経験者採用試験(特別区経験者採用1級試験を除く)には対応しておりません。

Q.スーツで受講するべきでしょうか?
A. 特に私服で問題ありません。会場は空調が効いていますので、調節しやすい格好でお越しください。

Q:申込みの締切はありますか?
A:7月2日(火)が締切としていますが、定員になり次第締切となります。
ご希望の方はお早めにお申込みされることをお勧めいたします。

Q:急に行けなくなってしまったらどうすればよいでしょうか?
A:参加が難しくなった場合は担当にご連絡ください。
開催日3日前までであればお振込いただいた料金については返金いたします。それ以降のキャンセルについてはご返金いたしかねますのでご了承ください。

セミナー申込フォーム

事前にご質問のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。