筆記試験対策

【分野別】数的推理の具体的な勉強方法について

mathematics-1622448_640
ご存知の通り、公務員試験の教養科目において数的処理はとても重要な科目です。 試験にもよりますが、多くが40問中16問ほど出題されており、教養試験全体の40%を占めます。教養試験では6割の得点が1次試験合格の目安となりますので、特に数的処理の重要かが分かるかと思います。 にも関わらず、あまりにも数的が苦手な方が多いです。 特に「数的推理」については、判断推理や資料解釈とは異なり「数
▼続きを読む

公務員試験の数的処理が苦手な人が知っておくべき勉強法

math
公務員試験では主要五科目の一つと言われている数的処理ですが、苦手とする受験生も大変多いのがこの科目です。 私が受験生の時は、自分も含め数的処理が得意という人は周りにはほとんどいなかった記憶があります。 しかし、ご存知のとおり数的処理はどこを受験するにせよ出題数が多く、捨てることはできないため苦手なままで本試験に挑むのはリスクがあります。 ただ、得意にする必要はなく、あくまで「足を引っ
▼続きを読む

公務員になりたい人必見!公務員試験の対策と勉強法を全解説

study
公務員になりたいと思っていても、「そもそも公務員になるにはどうすればいいのか?」「公務員ってどんな種類(職種)があるの?」「どうすれば合格できるの?」「試験内容は?」といった疑問が出てくるのではないでしょうか。 公務員と一口に言っても国家公務員や地方公務員、教師や警察などの公安系も公務員です。なのでそれぞれの仕事内容を知り自分がどういう仕事をしたいのかということも考えていかなければいけません
▼続きを読む

都庁の専門記述対策と科目選びのポイントについて

Startup Stock Photos
東京都I類Bの試験では、国家一般職や他の地方上級の試験とは異なり、専門記述試験があります。 他の試験種を併願する受験生にとってはかなり重たい負担になることは間違いないのですが、基本はあくまで択一試験対策で培った知識です。 ですので、専門記述一本に特化しすぎず、択一試験の対策と並行して勉強することが大切です。 また、都庁の専門記述は難易度が科目ごとにばらつきがあり、本番で選択する科目を
▼続きを読む

公務員試験の世界史の勉強法と捨てるかどうかの判断について

54r75zzk5z
出題範囲の広い世界史をどのように勉強すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 また、勉強が大変な割に出題数が少なく、かと言って捨ててしまっていいものかどうかということも悩みがちな内容です。 高校時代に勉強していたならともかく、自分は日本史をやっていた、そもそも歴史は選択していない、という人にとっては厄介な科目でしかないでしょう。 ここではそのような方に具体的な世界史の勉強方法
▼続きを読む

働きながら公務員試験に合格できるかどうかは結局あなた次第である

highlighter-1103715_640
民間に勤めていてるけれど公務員に転職したいと感じている人は多いようです。 実際、そうした方からの問い合わせも多くいただいています。 そして多くの方が「働きながら公務員試験に合格することができるのか」と心配しています。 働きながらだとどうしても日中は仕事をしているので、時間が限られてしまい勉強時間が十分に確保できない、という悩みがあるでしょう。 逆に働きながらも公務員に合格して
▼続きを読む

公務員試験に独学で合格できる?メリット・デメリット徹底解説

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s
これから公務員試験の勉強を始める方で予備校に行くか独学で勉強するか迷っている人も多いのではないでしょうか。 結論からいうと、予備校に行かず独学で合格することはできます。 正確には「独学で合格できる人もいる」、ということです。 合格できる人もいる、というのは受験する試験やこれまでの受験経験などが大きく関わってくるからです。 ご存知の通り、予備校の学費は決して安くはありません。学生
▼続きを読む

元大手予備校講師が教える公務員試験の法律科目の完全攻略法

law
公務員試験において法律科目は出題数も多く重要科目であることはご存知のとおりかと思います。 また、労働法や商法のようなマイナー科目については手をつけるべきかどうか迷う方も多いのではないでしょうか。 この記事では法律科目(憲法・行政法・民法・労働法・商法・刑法)の学習方法や科目の選択についてお伝えします。 行政・事務職の試験は科目も多いことからやるべき科目、捨ててもいい科目を知り、あなたが対
▼続きを読む

資料解釈で確実に得点するための戦略について徹底解説

graph
資料解釈は勉強のしにくい科目であるがゆえ、解き方やコツについてよくわからず何となく学習を進めている受験生が多いのではないでしょうか。 資料解釈は、教養(基礎能力)試験の知能ジャンルである数的処理に属する科目ですが、受験生にとってどうしても注目が行くのは、「数的推理」や「判断推理」であり、「資料解釈」という科目の性質や対策については、ヴェールに包まれているのが実感でしょう。 また、出題数が数
▼続きを読む

【徹底解説】公務員試験の教養論文の基本と対策について

b7f0fe35480c6ab56c25a921ce75f656_s
公務員試験では、択一試験、面接試験のほか、論文試験(※)が実施されることも多くあります。択一試験では、社会人として求められる知識と事務処理能力を主に判断し、面接試験では受験生の人柄や採用側との相性を判断しています。 論文試験では受験生の何を判断しているのか?どんなテーマが出題されているのか? このようなことが気になる受験生も多いことかと思います。 面接重視の傾向にある公務員試験ですが
▼続きを読む