特別区試験対策

特別区の論文試験の基本から対策までトコトン解説

writing
論文試験の対策は何から手をつければいいかわからない、そもそも論文の勉強なんて必要なの?と感じている人もいるのではないでしょうか。 特別区に限らず多くの公務員試験では論文試験(小論文や作文といった呼び方をすることもある)が課せられますが、このような悩みがある人は非常に多いものです。 論文試験は他の筆記試験に比べぞんざいに扱われる傾向にあり、あまり対策をせずに本番に臨む人が多いのも事実です。
▼続きを読む

都会だけれど懐かしい雰囲気漂う「豊島区」の特徴について

ikebukuro
「豊島区」という名前だけ聞いても特に地方の方はピンとこないかもしれませんが、あの「池袋」がある区です。他にも巣鴨や目白など下町感のある場所や高級住宅地など様々な面を持っています。 副都心でもある池袋がある豊島区ですが、23区の中で唯一の「消滅可能性都市」という指摘を受けてしまいました。指摘を受けた豊島区は人口問題へ取り組むための新しい施策を行っています。 ここでは、豊島区の特徴と区が抱
▼続きを読む

特別区人事院面接の傾向と対策

interview
最近は勉強ができるだけじゃなくコミュニケーション能力の高い人を採用しようという流れが進んできており、これまでより人物重視の風潮になってきていることから特別区含め公務員試験の面接は比重が高いところが増えています。 なので筆記が受かっても安心できないわけでして、そうなると何のために何十科目もの筆記試験を課しているのかがよくわからなくなりますが、とにかく面接で失敗してしまうといくら筆記試験で高得点
▼続きを読む

特別区や各区の特徴について知っておきたいことまとめ

tokyo
普段の生活で「特別区」という言葉自体を聞く機会もほとんどないので、公務員試験で特別区って何だろう?と思う人は多いのではないのでしょうか。 特に地方に住んでいる方であればその傾向は顕著だと思われます。 ここではそうした悩みを抱える方や、そもそも東京にはどんな区があってそれぞれどういう特徴があるのか、ということまで書いていきますのでぜひ特別区を志望している方は参考にしてみてください。 特
▼続きを読む

特別区の区面接の対策として知っておきたいこと

shutterstock_178390211
筆記試験に合格し、人事院面接にも合格すれば最終合格となります。 これは筆記試験と2回の人事院面接のトータルの結果で決まります。 合否に関わらず結果は郵送され、合格だった場合は合格者の中の自分の順位を知ることができます。そして、最終合格者は採用候補名簿というものに高得点順に記載され、各区に得点が高い人から順に推薦されます。 つまり高得点者から順に推薦されるので、結果があまり芳しくなかった
▼続きを読む

特別区試験は採用にあたり男女の差はあるのか?

danjo
ここ数年、民間企業の社員だけでなく公務員でも女性の職員を増やしていこうという方向に動いています。 2014年の国家公務員総合職の内定者のうち女性の割合が30%を初めて超えたということがニュースとなりました。最近は国が女性の社会進出を猛プッシュしているので、まずは国家公務員の採用からやっていかなければということで女性の採用を増やしていったのかと考えられます。   国家公務
▼続きを読む

特別区試験の難易度や合格に必要な勉強時間について

calender
特別区を目指したいけれど、どれくらい難しいのか、何時間くらい勉強すればいいのか気になる人もいるのではないでしょうか。 公務員試験全般にいえることですが、自分がそもそも合格できるのか、どれくらい勉強すれば合格できるのか気になる人は多いように思われます。 ここではそのような心配をしている方に向けて、特別区の難易度と必要な勉強時間について私の経験を踏まえてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみて
▼続きを読む

特別区の試験に合格しても希望の区にいけるのか?

thinking
特別区の場合、出願の際に自分が志望する区を第3希望まで書いて提出することになっています。 地元で働きたい人や、憧れの都心で働きたいなど動機はそれぞれだと思いますが、どうやったら特別区職員になれるの?でも書きいているとおり、希望の区に採用されるためにはギリギリ合格ではなく筆記試験と面接でそれなりの成績を取る必要があります。 他の自治体であれば、最下位でもとりあえず最終合格さえしてしまえば余程のこ
▼続きを読む

多面的な機能をもつ都市「大田区」の特徴について

airport
大田区は沿岸部に位置しており、現在人口70万人を越え面積は23区で最も大きな区であり、都心や川崎・横浜方面へのアクセスが抜群な地域となっています。 大田区を大きく分けると、大田区の真ん中に近い部分で南北にJRの京浜東北線が通っており、この東と西で雰囲気が異なります。 高級住宅街が立ち並ぶエリアは西の世田谷寄りとなり、東側は蒲田から羽田に向けて賑やかな下町の雰囲気が漂います。 大田
▼続きを読む

再開発の進む、オタクの聖地「中野区」の特徴について

sanplaza
東京は全国でも有数の人口密集地帯ですが、そんな東京の区の中でも中野区は人口密度が高く、豊島区に続いて23区では2位となっています。 中野区は大変住宅街が多く、駅などの主要地点を除けばほとんどが住宅街であり駅から少し歩くとすぐに住宅街に迷い込むことになるかと思います。   区内は中央線を始め、総武線、丸ノ内線、西武新宿線が走っており、北側の西武新宿線沿線と中央線より南側では多少雰囲気
▼続きを読む