最新記事一覧

公務員試験合格のための学習スケジュールを考えよう!

毎日勉強していると思ったように勉強が進まない人って多いかと思います。 今日は12時間やるぞ!と意気込んでも結局ダラダラしたりスマホをいじったりして結局あんまりできなかったなーと思い明日こそは!と

アルバイトはせずに公務員試験の勉強に専念すべきか?

公務員試験までもう少しとなる時期はバイトは辞めて勉強に専念したほうがいいのだろうか?という心配もあるかもしれません。 しかし、私個人の意見としては、アルバイトは本当のギリギリまでは続けてもいいの

人文科学の傾向と対策(歴史、地理、倫理・哲学)

人文科学は出題範囲が広い割には出題数が少ない傾向にあるため学習効率があまりよくない科目です。とは言っても地方上級など他の試験ではそれなりに出題されるのでやらなければいけないわけなのですが。 地理

自然科学の傾向と対策(物理、化学、生物、地学)

通常は人文科学をメインで学習し、自然科学は苦手だから捨てたいというのが大半の受験生だと思いますので、ここではそのいった方をターゲットとした対策を書いていきます。 が、ほとんどの自治体は自然科学は

社会科学の傾向と対策(政治・経済・法律)

特別区の試験は社会科学からは政治、経済、法律が出題され、特別区はこれらから合計5題出題されます(26年度の試験から社会が削除されました)。 社会科学は憲法や政治学、行政学、経済原論、財政学などの

公務員の昇任は年功序列だけど実力もある程度必要?

最近の若い人はあまり昇任を望まず、ぼちぼちの仕事でぼちぼちの給料をもらえればいいと考えている人が多いみたいです。自分も役所に入ったときはそんなに昇任については考えておらず、まぁ課長ぐらいにでもなれれば

特別区の職員になったら転勤はあるのか?

特別区の職員になりたいという人は、地元で働きたかったり、自分の好きな区で働きたいという場合がほとんどでしょう。 結婚や住宅の購入などを考えているのであれば転勤により引っ越しが伴うのかどうかという