リーグ戦|数的処理問題解説

リーグ戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

A から F の6人が総当たりで囲碁のリーグ戦を行った。勝ち数が多い順に順位を付けることにし、勝ち数が同じものの順位については、直接対戦での照射を上位としたところ、 1位から6位の順位が決まった。今日は7試合まで終了した時点での勝敗を示しており、この時点で A は2敗である。しかし全ての試合を終了すると、 A が1位であった。このリーグ戦の結果として確実にいえるのはどれか。ただし引き分けの試合はなかった。国Ⅱ(2007)

リーグ戦

1: CはDに勝った。
2: Cは4位であった。
3: Dは3勝2敗であった。
4: Eは最下位であった。
5: FはDに勝った。


リーグ戦の問題です。リーグ戦の問題では表に〇×をつけながら、勝敗を考えていきます。問題文から、リーグ戦の表が途中まで埋まっていることがわかります。問題文の条件からリーグ戦の表を埋められるところまで埋めて、選択肢を吟味していきましょう。

リーグ表の見方ですが、表の一部だけを抜き取って説明します。

リーグ戦

図のA~Cだけで考えてみます。黄色のところの×に着目してみましょう。縦の赤枠はA、横の青枠はCとなっています。
これは、Aチームから図の矢印のように視点を動かしながら考えて、「Aが負けた相手はC」と読み替えましょう。

問題文より、「この時点で A は2敗である。しかし全ての試合を終了すると、 A が1位であった。」とあります。Aは2敗していますが、Aは1位になったので、これ以上負けられないことがわかります。よって、Aの欄は全て〇にします。対応する箇所は×にしておきます。

リーグ戦
Bを見てみると、BがEに勝つとBが一位になってしまうので、BEに負けてしまったことがわかります。表を埋めると以下のようになります。

リーグ戦

CF4勝以上されると、A1位になれません。C~Fが3勝だと、直接対戦の時にAが勝っていないとAが1位になりません。

よってCE2勝以下でないといけなくなるので、EAB以外には全敗したとわかります。表を埋めると次のようになります。

リーグ戦

同じくCも2敗以下なので、以下のように表が埋まります。

リーグ戦

表が埋まっていないのは、DとFの対戦についてです。 ここでDが勝った場合と、Dが負けた場合の両方を考えて、それぞれの順位をつけて選択肢を見ても良いです。

しかし、この時点でわかることもあります。ECDFに負けているので、DFの勝敗がどうなっても最下位になるとわかります

よって、正解は4番だとわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事を書いた人

アバター

ASK公務員編集部
ASK公務員は「どこよりも価値のある情報を届けたい」という考えから、公務員試験について分かりやすく詳しい情報を発信していくことを心がけています。

ASK公務員では個別指導講座を実施しています

私たちには以下のようなお問い合わせを毎日のようにいただきます。

・公務員試験の勉強の進め方がわからない
・苦手科目を対策したいけれどどうすればいいか悩んでいる
・予備校に通っているけれど一向に解けるようにならない

特定の科目だけ対策したい、予備校の授業についていけない、苦手な部分だけしっかりと対策したい、そうした不安を抱える方が非常に多く、このような悩みに対応できるよう「マンツーマン指導」による個別指導講座を行なっています。

現在は

・数的処理対策講座
・法律系科目対策講座
・経済学対策講座
・論文・作文対策講座
・面接対策講座
・オンライン論文添削、面接カード添削


もし「これからどうやって勉強を進めていけばいいの?」と迷っている場合は、講座の詳細をご覧いただけると幸いです。

指導実績豊富な講師陣があなたの合格のサポートを行います。

講座について詳しく見る

電話お問い合わせ