投影図|数的処理問題解説

投影図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

次の図は、ある立体について正面から見た図及び真上から見た図を示したものである。この立体を正面に向かって左の側面から見た図として、有り得るのはどれか。特別区(2019)

投影図1


投影図の問題です。投影図とはある立体を正面から真上から真横からなど多方面から見た図を用いて立体を表現する図法の1つです

今回の問題では正面と真上の図は問題文から与えられていますが、真横から見た図はどれか、答えさせる問題です。

それぞれの図の特徴をよく見て考えていきましょう。

一番わかりやすい所から行きましょう。図の中の一番高いところについてですが、真上から見た図では円の半分に線が入っていることから、円柱のようにはなっていないようです。

投影図2

真ん中半分の線を境に異なる図形で構成されていると考えられます。正面から見た図を見て考えると、円柱の上部分だけがえぐれたような形になっています。円柱の下方向、一番下の根元の辺りまで削れているわけではないということがわかります

従って選択肢を見てみると4番の選択肢では円柱の一番下のあたりまで削れてしまっていることが分かるのでこれは不適切であるとわかります。

投影図3

正面から見た図に戻りましょう。図の中の赤丸部分を見てみると、三段になっていることがわかります。これは正面左部分を見てみると高さの異なる点が4つ構成されていることがわかります。

投影図4

それぞれの選択肢を見てみると、図の中の矢印部分に3段になる箇所が現れます。

投影図5

よって1番3番5番は不適切だとわかります。

したがって、正解は2番だとわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事を書いた人

アバター

ASK公務員編集部
ASK公務員は「どこよりも価値のある情報を届けたい」という考えから、公務員試験について分かりやすく詳しい情報を発信していくことを心がけています。

ASK公務員では個別指導講座を実施しています

私たちには以下のようなお問い合わせを毎日のようにいただきます。

・公務員試験の勉強の進め方がわからない
・苦手科目を対策したいけれどどうすればいいか悩んでいる
・予備校に通っているけれど一向に解けるようにならない

特定の科目だけ対策したい、予備校の授業についていけない、苦手な部分だけしっかりと対策したい、そうした不安を抱える方が非常に多く、このような悩みに対応できるよう「マンツーマン指導」による個別指導講座を行なっています。

現在は

・数的処理対策講座
・法律系科目対策講座
・経済学対策講座
・論文・作文対策講座
・面接対策講座
・オンライン論文添削、面接カード添削


もし「これからどうやって勉強を進めていけばいいの?」と迷っている場合は、講座の詳細をご覧いただけると幸いです。

指導実績豊富な講師陣があなたの合格のサポートを行います。

講座について詳しく見る

電話お問い合わせ